どこが悪いのかわからないことも多い、背中の痛み。原因の可能性に迫る!

肩こりや腰痛と並んで、背中の痛みに悩んでいる人が少なくありません。

しかし肩や腰と違い、整形外科などでレントゲンを撮ってもらっても「異常ナシ」と診断された経験がある人も多いのでは? 背部痛、つまり背中の痛みを訴える人は多いのですが、その原因として考えられるのはケガなどの外傷から内臓の疾患まで幅広く、診断が非常に難しいのです。恐ろしい内臓疾患の可能性も視野に入れつつ、痛みの原因を探ってみましょう。

ここでは、内臓疾患以外の原因について紹介します。
・外傷。背中周辺の皮膚や筋肉、骨を怪我していて痛むパターン。骨粗鬆症などで骨がもろくなっていると、転倒したり重い物を持った拍子に背骨が折れてしまう場合があります。自覚症状がなくても、骨折時の痛みが背部や胸部の痛みとして現れるのです。また、首を寝違えたときの痛みが背中まで広範囲に広がる場合もあるようです。
・コリ。背中の筋肉に負担やストレスがかかり疲労してくると、強張って血流が悪くなります。いわゆる背中が凝った状態になるので、肩こり同様に痛みが感じられるのです。
・「VDT症候群」。最近増えてきた、パソコンやスマートフォンなどのディスプレイを長時間見続けることが原因で、心身に影響が出る病気です。別名、「IT眼症」。眼精疲労による目の痛みが背部痛として感じられる場合があるようです。
・内臓の圧迫。背中が丸く猫背になると、腹部が圧迫され、内臓も押しつぶされた状態に。内臓の痛みが背中の痛みと認識されている可能性があります。
・ストレス。ストレスによって自律神経が乱れると、胃痛や頭痛、不眠などのさまざまな症状が体に現れます。その諸症状の1つに、背中の痛みも。

以上の原因に心当たりがない、整形外科などでも納得できる診断が下されないという場合は、内臓疾患を疑ったほうがいいかもしれません。狭心症、心筋梗塞、胃炎、胃潰瘍、胃がん、膵炎、膵臓癌などは、痛みが背中に現れやすい病気として有名です。またその場合、背中の左側だけなど、場所を限定した痛みとして現れる場合が多いようです。

もしも原因不明のまま放置している背部痛があるのなら、「異常ナシ」だからどこも悪くないなどと楽観視せず、速やかに専門機関を受診しましょう。背中のコリや筋肉が原因であれば、整体院に行くのが良いでしょう。私が良くいく平塚にある整体院は価格も安く、根本から良くしてくれます。

整体院情報

からだメンテナンスRoom Colinux(コリナックス)
神奈川県平塚市中里1-22
0463-68-3211

 

セルフ整体について

肩こりで悩んでいる人は少なくありません。

 

特にデスクワークに就いている人にとっては、一生付き合っていかなければならない職業病……そう思われている場合も。肩こりがひどくなると何とかして原因を究明し、取り除こうとするはず。それでは、肩こりの原因とは一体何でしょうか?

実は肩こりの痛みを引き起こしているのは、硬くなってしまった筋肉なのです。さらに、肩こりは腰痛とも密接な関係にあります。お腹側の筋肉が柔軟性をなくして硬くなることで腰の筋肉に負担がかかり、猫背になってしまう。猫背になると重い頭部を支えるために首や肩の筋肉が酷使され、その結果として肩こりが起きるというわけです。

今日も肩こりや腰痛に悩まされて仕事の作業効率が上がらない……そんな人は、短時間で痛みを取り除ける「セルフ整体」を試してみましょう。腰は大きく分けて4つの筋肉によって支えられています。そのうち、腰痛の原因の約半数を占めているのが、大腰筋です。大腰筋を意識的に緩めれば、腰はもちろん、肩や首の痛みも和らげられます。

まず軽く膝を開き、正座かあぐらで座ります。次に、お腹側のおへそと骨盤を結んだ線に、体を前に倒しながら指を4本入れて押さえましょう。そのまま90秒待ってから、腹筋を使わず、腕もしくは背筋を使って元の姿勢に戻して終了です。

腱鞘炎って整体で治るの??

手首が痛い、腫れたり、中には指まで痛みが走る。

そして動かしても寝ていてもずきずき痛む…腱鞘炎の症状です。

これはやばい!と思って整形外科・その他医療機関に頼っても「シップ」か「手術」。それ、ちょっと待ってください!整体で治ります!

まずそもそもの腱鞘炎の原因は指を酷使していたり、女性で言えば赤ちゃんのだっこで手首に集中して負荷をかけてしまっていたりが原因です。

ただし腱鞘炎の場合、整体できくお話しだと、よっぽど腱鞘炎の症状が悪くならないかぎりは他の部位での相談の際の「ついで」で手首のう症状を訴える方が多いようです。腱鞘炎を治すために整体に行く!という概念が認識として少ないのだと思います。

腱鞘炎は、特に骨盤、肩、肘、肩甲骨、肋骨をなどの周りからしっかり整えてから、痛みの出ている手首指を整えていきます。そうするとその場で痛みも腫れもとれていきます。

手術しても手首しか見ないので、上記に書いてあるように連鎖した歪みの解消はないのでまた手首でないどこかに症状が現れたりしてしましますのでお勧めしません。できる限り「切る」ことは避けた方が良い症状はたくさんあります。本当に必要がある場合は、整体の先生も教えてくれます。
http://js-seitai.com  横浜駅から徒歩7分のjsメディカル整体院は良い先生がたくさんいらっしゃいます。

手根管症候群と整体

安心してください、整体で治りますよ!

まず初めに、整形外科など行って「手根管症候群」と診断されて手術を進められている方。
この症状は手の親指~薬指にかけての指・手のひらにしびれや痛みを生じる症状です。動かしづらかったり、力が入りづらい感覚もあるかもしれません。この部位で痛みが起こるのはココが手根管を通る正中神経の場所だからです。この正中神経が圧迫されると、もれなく痛みやしびれが起こるのです。

整体の観点からお話しすると、手根管症候群になっている方はだいたい骨盤や肩関節の動きが鈍く、悪化していることが多いです。またひじ関節とひじ下の筋肉もだいぶ緊張していることが多いです。手を付けて体重をかけるのが難しくなっている場合は結構重症です。

痛みが出る症状は一概に痛みが出ているところに原因があるわけではなく、全が一、一が全というようにからだはその部位だけで独立して成り立つことはなく繋がっているので、からだ全体を整えてあげることが大切です。

病院では痛みのある部位しか見てくれないので、あまりお勧めしません。整体であれば、全体を診てくれたり、その上で手根部にフォーカスを当てた治療が出来たりとアプローチが豊富なので、もし手首・指先に痛みがある方は整体に行かれてみてください。

体のメンテナンス

私たち人間は普段生活しているだけで、体がゆがんできます。
重力があるのでここは仕方ないとしておきましょう。

歪みを治す

少し歪むくらいならそんな大したことはないのですが、違う負荷がかかって歪みが出た場合は痛みとともに症状がやってきます。痛みだすと整体などに行って体が楽になって、また負荷がかってゆがんで痛んで。とループします。

なので一度直した時に再発しにくいようにメンテナンスケアを施すべきなんです。

痛みがなくても月1は通って体をメンテナンス!がいいと思います。車やバイクと同様で人の体も定期的にクリアにしてあげるべきです。

メンテナンスと言えばピラティスなどが流行っていますが、整体とピラティスを掛け合わせると効果が期待でいそうですね。

歪みの原因

人の体がゆがむ理由はさまざまですが、特に多いのが姿勢です。
その他に食事やかみ合わせ、ストレスなどもゆがみの原因になります。

曲った姿勢を続けていくうちに体が覚えて固定されてしまったり、偏った食事などで内臓から崩れたりもします。
このように色んな原因がある中で、予防いていくにはプロの手を借りる必要があるかもしれません。

私が中野区の野方で整体を受けた時、施術内容も良かったのですが、アフターケアも素晴らしく、定期的に通うには非常に魅力的に感じました。当たり前ですが、腕がいいのはもちろん、しっかりその後まで診てくれる先生がいいですよね。

腰痛改善のスペシャリスト

整体で腰痛改善

今数多くの人が悩んでいる腰痛。原因はさまざまですが、病院に行ってもはっきりとした原因が判明することはあまりありません。
痛みを紛らわそうと町のマッサージ屋さんで施術を受けても一時的なものでしかありません。

腰痛の原因といいましたが、急性的なぎっくり腰のようなものから内臓から来る痛み、筋肉のバランスの歪み、血行不良など多岐にわたります。
それぞれに対して対処法は異なるので、整体師さんは非常に幅広い知識が必要になります。

今私が注目しているのが、KYテクニックという腰痛改善のテクニックです。
KYテクニックとはkenyamamotoテクニックの略で筋肉のアプローチをかける施術で、受ける側の負担を減らし、安全に痛みを改善するテクニックです。

このKYテクニックを取り入れた治療院や整体院はそう多くはありません。
大宮で腰痛の治療をした際は大変助かりました。

探せばこれらのテクニックを取り入れた治療院があるはずです。
一度受けてみられる事をおすすめします。

HPリニューアルしました。

「整体で健康生活」ブログスタートです。

このブログでは世に沢山ある整体院さんで体験した手技や、健康を維持するためのセルフケアなどにも言及できたらと思います。